第8回 ~M.I.B Zick Jasperのインタビュー~ K-HIPHOP特集

  今回は、K-HIPHOP特集Part2です。現在活動を休止しているM.I.Bの5Zic改め、Zick Jasperのインタビューもお届けします。
韓国の人気番組「Show Me The Money」。これはMnetで毎週金曜日夜11時から放映されている人気ラッパーによるサバイバル番組です。 ちょうどシーズン4のFinalが発表され、優勝者は、WINNERのソン・ミンホを破って、Basickに輝きました。Gummyとの共演、そしてVerbal Jint、San Eのサポートを得て、彼はこれからメジャー・シーンに送り出される次世代スターの証明を勝ち得たのです。

以前、次世代のムーヴメントK-HIPHOPをピックアップしましたが、その人気の背景にはこういったサバイバル番組があるのですね。 シーズン4では、Tablo & Jinuseanチーム、San E & Verbal Jintチーム、パク・ジェボム & LOCOチーム、ZICO(BlockB) & Paloaltoチーム4組に別れ、新進のラッパー、アンダーグラウンドのラッパー、人気グループのラッパーがオーディションに参加し、勝ち抜いた4人がプロデューサー・チームとともにサバイバルしていくといった内容です。 この番組から生まれたプロジェクトが楽曲配信し、その曲がNo1になるなど、番組の人気は想像以上のものかもしれません。 Incredivle、Tablo & Jinuseanの「オッパの車」、Sistarのヒョリンが参加してのZico&Paloaltoの「DARK PANDA」など、勢いのある正統派Hip Hopのサウンドがチャートの上位を独占したことは、時代の流れがHip Hopにあると感じます。



↑coming soon↑


先日夏の音楽イベントSUMMER SONIC 2015のBeach ステージで、EPIK HIGHのライヴを観ました。アウトドアで海を眺めながら聴くEPIK HIGHのサウンドは、一時熱さを忘れ、海風を心地よく感じるほどで、ロックが主流のイベントの中で、異質だからこそ楽しめる空間でした。 今年は防弾少年団も出演していたので、音楽ファンにK-HIPHOPをアピールできる良い機会となったことでしょう。

前回新宿BLAZEでEPIK HIGHを観たときも感じたのですが、K-HIPHOPのファンはこれまでのK-POPファンとは異なるファン層かな、と。
インターナショナルなヒップホップサウンドをK-HIPHOPというくくりではなく楽しんでいる様子が伺えました。それに女性がみんなオシャレでかっこいい!私のようにハルちゃんのお父さん(ハルアッパ/TABLO)だ~というファンは少ないのかもしれません。 残念ながら、移動時間、取材時間などがあり、防弾少年団の開始に間に合わず、彼らの日本のフェスでの姿を逃してしまいました。

Hip Hopという音楽フィールドは、イメージとしてワイルドなものがあります。
「Show Me The Money」でも、ソン・ミンホのラップの歌詞が不適切であると注意を受け、公式謝罪に至ったり、Black Nutがステージ上でズボンを脱いだり、とサバイバル以外でも話題作りが事欠かないのは、Hip Hopだからなのでしょうか?? そうなると、TabloやSeanは、良きパパ、良き家庭人としてメディアに出ているので、Hip Hopだからといって、そのイメージを崩すことはできないかもしれませんが、ラップという音楽をワイルドなイメージから、オシャレなイメージに変え、新しいファン層を作り出したEPIK HIGHの貢献度は高いといえるでしょう。



写真協力:Fm yokohama「Radio HITS Radio」


 そんな中、M.I.Bの5Zicがソロ・プロジェクトのために来日しました。
M.I.Bは、ヴォーカルのカンナムが、ヴァラエティ進出で大ブレイクし、現在グループとしての活動が休止状態です。M.I.Bは、本格派のラッパー、5Zic、Sims、Young Creamにポップ性を含んだカンナムが歌うメロディーラインが印象的で、本国でも日本でもようやくスタートラインに立った時だったので休止は残念でした。 カンナム人気が上がり、それがグループに反映されれば、M.I.BはNext EPIK HIGHになったのではないかと思っています。
 今回5Zicは、Zick Jasperというソロ名義で、新作「Exhibition」をリリースしました。 HPで「Hungry」の映像を見たときは、かなりの本格的なHip Hopで驚かされましたが、これこそが5Zicがやってみたかったことだったのでしょう。

「完璧なHip Hopの世界を表現したかった。実は韓国ではリリースしただけで、アルバムのための活動をしていく予定ではなかったけど、日本に来る機会に恵まれてステージに立つことになったんだ。」

M.I.BのメンバーのSimsがフィーチャーされた「Run」、そしてアンダーグラウンドで活動しているラッパーを迎えての曲など、5ZicがZickへと変身した作品10曲が収録されているアルバム「Exhibition」。M.I.Bのデビュー曲を書いてくれた作家Ed Two、ZEEが参加しての「Seoul To LA」は、どこかM.I.Bのエッセンスを感じます。

「メロディーある曲は2曲あるけれど、あとはストレートなHip Hop。なにより、自分がやりたかったことができたことが嬉しい。それに、韓国のHip Hopが広く認められることは嬉しい。アンダーグラウンドで地道に活動しているラッパーを使ったのは、いつか彼らもメインストリームに出てきて、一緒にライヴをやれたらと思っている。僕はこれからもHip Hopが愛されるようにがんばるだけ。」

 いつも穏やかで、控えめな印象を与えてくれる5Zicですが、M.I.Bやソロの作品作りから、内に秘める闘志は感じていました。これからも彼が進んでいくK-HIPHOPの世界を見守っていこうと思います。

 さて、次回はファンタジードラマを特集しましょう。
朝鮮時代にタイムトリップしたり、現代にやってきてしまったり、夢のあるドラマをご紹介します。 ところで、最近「清潭洞スキャンダル」にはまっているのですが、これはディープな財閥一族の愛憎物語。そこに主人公に意地悪をする大会社のお嬢様を演じているジュナ役のソン・ウンチェ。



写真協力:Fm yokohama「Radio HITS Radio」


見るたびにイライラするほどの意地悪ぶりですが、実は一度お仕事をご一緒していて、実際はかわいらしい女性なので、この場を借りてソン・ウンチェも応援してください。 イム・ヒョンジュの日本盤「Finally」に彼女が出演しているShort Filmが収録されているのでチェックしてください。

<ピックアップ>
韓国ドラマOST一覧
今年入隊するアーティストをピックアップ!
注目のドラマOSTをピックアップ!
梅雨の季節にピッタリの楽曲をピックアップ!

□バックナンバーへ


HomeRankingSearchBack