第14回 ~イケメン俳優5人組 5urprise~  インタビュー 

 

5urpriseの温もりが伝わってきそう♪
直筆サイン入りポスターを1名様にプレゼント




プレゼントの応募期間は終了しました。次回をお楽しみに・・・






今週はイケメン俳優によるグループ、5urpriseをピックアップします。
現在放映中の「華政」に出演しているソ・ガンジュン、コンミョンがいるグループです。


左から コンミョン ソ・ガンジュン ユイル カン・テオ イ・テファン
写真協力:Fm yokohama「Radio HITS Radio」


日本では、KNTVで「トキメキ韓ドラ」というエンタメ・プログラムがありましたが、ソ・ガンジュン、コンミョン、ユイルが日本語でMCを担当していたので、本格的なデビュー前から注目を集めていましたよね。私も観てましたよ~。そんな俳優が集まった5人組が5urprise!(サプライズと読みます。)

イケメンメンバーの紹介
■ソ・ガンジュン
「華政」以外にも「ずる賢いバツイチ女」「家族なのにどうして ~ボクらの恋日記~」「怪しい家政婦」でおなじみ。
■コンミョン
初めての本格ドラマ「華政」に大抜擢され、日本語もメンバーいち。劇中がロングヘア―なので、最初は貞明王女の奴隷時代の仲間のあの男の子だとは不覚にも気づきませんでした。
■ユイル
ミュージカル「ローキス」やケーブルテレビの「ユイル・ラヴ・ミー」に出演していた最年長。
■カン・テオ
2013年MBCドラマフェスティバルで放送された「特命彼女を守れ」や現在KNTVで放映中の「女王の花」に出演中。
■イ・テファン
ソ・イングクと共演した「高校世渡り王」「傲慢と偏見」に出演したマンネ(末っ子)。



若手俳優がグループを結成し、どうして歌手デビューしたのでしょうか?
メンバーはこう答えています。
「最近は歌手の方々も、映画、ドラマなどに積極的に出演して、活動の場を広げているので、その逆があってもいいのではないかと思ったのです。僕たち俳優も、音楽の世界に飛び出して活動の場を広げ、歌うことで多くの人たちに僕たちのことを知ってもらいたいと思いなんです。」とテオ。
韓国でもシングル・デビューを果たし、日本では爽やかなポップス、オリジナル楽曲の「5urprise Flight」でデビューしました。「CDのプロモーションのために日本で活動するのは初めてなんです。今回はコンサートもあります。ファンのみなさんと楽しめるようにがんばって練習しました。」とテファン。
コンサートでは、オリジナル楽曲の他、ユイルのソロ楽曲、会場の中を走り回り、ファンとの交流を設けたり、トークショウもあったりと楽しいコンサートになりました。
「日本語で歌うのは難しいですが、KNTVでのMCを僕とユイルとコンミョンでやっていたので、それでずいぶん勉強になりました。日本の文化にも触れることができたし。」とガンジュン。
5人は2年間練習生として宿舎で一緒に生活をしていたとのことです。
「練習生の時は大変でしたが、他のアイドルに比べたら2年は短いかもしれない。でも、未来に対する保障がないのに、練習を続けていくことは大変なことでした。でもそれで辞めたいと思ったり、諦めることはなかったです。」とガンジュン。
「一緒に生活をしていたことで、お互いが心のよりどころになったので、諦めることなく過ごせたんです。」とコンミョン。
ユイルは「俳優が夢でした。何よりも自分たちが楽しめることです。ワクワクすることです。今5人とも、その夢を叶えている途中。その責任も感じています。」とリーダーらしい言葉。5urpriseのリーダーは最年長者のユイル。でも裏リーダーはガンジュンらしいです。「実際の実力者は僕です(笑)。」と彼!!

最後にメンバーそれぞれの性格を語ってもらいました。
ガンジュンがコンミョンのことを「すごくかわいくて、多情多感で責任感が強い。」
コンミョンがユイルを「やさしくて、リーダーとしてよくやってくれます。僕たちのことをリードしれくれる頼もしい人。」
ユイルがテオを「明るくてよく笑う。見ていると面白い。ぶっきらぼうに見えるけど、心が温かい人。」
テオがテファンを「憎めない、笑う時に明るい笑顔、毎日見ていても飽きないし、子犬みたいにかわいい。純粋なところが魅力で、心配りができる。」
そしてテファンがガンジュンを「裏での実力者と言ってたけど、そういうところがある。兄貴、弟たちの間に入ってバランスをキープしてくれる。撮影で苦労しているとき、すぐに寄ってきて声をかけてくれる。肌が白く、一見冷たいように見えるけど、ロマンチックな男。よくゴハンをおごってくれる。これからもよろしくお願いします(笑)」という分析でした。

今回の来日では大阪にも行き、念願のたこ焼き、お好み焼きを食べて大満足だった5人。次回の来日の時には、俳優としてさらに成功し、明るく、楽しい5urpriseのステージを見せてほしいですね。

ツイート

★特集★





□バックナンバーへ


HomeRankingSearchBack