第20回 ラヴコメの女王と言えば

ラヴコメの女王と言えばコン・ヒョジン




素直に生きているのに、周りからは奇異な行動に見られてしまう、危なっかしくも、明るい女性は彼女のはまり役。最新ドラマ「プロデューサー」では、TV局の音楽番組プロデューサーで、若手をビシバシ鍛えながらもプライベートはどこか抜けてる女子でおもしろかったですね。「最高の愛 恋はドゥグンドゥグン」もかなりはまりました。
そんなコン・ヒョジンの新境地となったのが「大丈夫、愛だ」かもしれません。彼女らしさに安心しつつも、新しい役どころは、内面に傷を抱えた影のある精神科医。相手役のチョ・インソンも小説家で心の病を抱えている独特な世界観もあってか、ヒーリング・ラヴコメなんてサブタイトルがついてました。現代病ともいえるテーマは少々重いのですが、でも二人の組み合わせで救いも見えました。EXOのD.Oの存在も印象的でしたよね。OSTはEXOのCHENによる「Best Luck/最高の幸運」がドラマに華を添えました。

■コン・ヒョジン出演ドラマのOST一覧■
「ありがとうございます。」

「最高の愛 恋はドゥグンドゥグン」

「主君の太陽」

「大丈夫、愛だ」

新しいラヴコメの女王はファン・ジョンウム
彼女の体当たり演技にも注目です。貧しくても、明るい前向きな女性を演じるならファン・ジョンウムですね。新作「彼女は綺麗だった」の日本放送が始まっていますが、今大ブレイクしているパク・ソジュンと「キルミー・ヒールミー」に続く共演。
少年時代肥満だった彼なら、外見にはこだわらないだろう、と最終回を予測しながらも、女心は複雑。あのりんごほっぺを何とかしてあげたくなります。ソユ(SISTAR)とBROTHER SUの「分からないようで」を聴くことも、ドラマ楽しみのひとつとなっています。

さて、春に向けて新作がどんどんリリースされていますが、最近のお気に入りはSHINEEのTaeminのソロ・アルバム「Press it」です。彼にとって初のフル・アルバム。

現在韓国の音楽番組、配信チャートの1位を総なめしています。リード・トラック「Press Your Number」は、グラミー・アーティスト、ブルーノ・マーズと韓国側のクリエイターとの共作。ブルーノらしい曲ではないのですが、サビの部分は彼のメロが聴こえてきます。今はトキメク世界のトップ・クリエイターとの作品は Taeminも大興奮なはずです。
MVはアメリカ人のバックダンサーを従えたパフォーマンスが見れます。Taeminの完璧なまでのダンス・パフォーマンスを堪能してください。アルバムは他にもアメリカを代表するプロデューサー、テディー・ライリーをはじめ、韓国内外のクリエイターが参加していることでも話題です。また「Soldier」のようなバラード曲がより洋楽を意識しているような気がします。彼のヴォーカリストとしての魅力を知ることができます。「Guess Who」はマイケル・ジャクソンのようで、この曲のパフォーマンスも見てみたい!全10曲パワーを感じるR&B、ダンス・ポップ・アルバムです。K-PopとかJ-Popとか、カテゴリーを越えて聴いてもらいたい作品です。

@kpop_kandoraさんをフォロー

★特集★





□バックナンバーへ


HomeRankingSearchBack