第21回 ~F.CUZ~インタビュー 

F.CUZの温もりが伝わってきそう♪
サイン入り下敷きを1名様にプレゼント




プレゼントの応募期間は終了しました。次回をお楽しみに・・・






今回はニューシングル「Forever」をリリースしたF.CUZにインタビュー



左から カン、ジノン、イェジュン

写真協力:Fm yokohama「Radio HITS Radio」


なんと6年振りにお会いしました。インタビュー前にこれまでのCDを聴いていたら、日本でのデビュー曲「NEVER LET YOU GO」に挟まれていた当時のインタビュー質問が出てきました。

身長のこと、高校が同じだということ、そんなことを聞いてましたね?ということで、久しぶりにお会いして、まずその話をしました。なんと私の記憶力よりも、彼らの記憶力が驚くほど優れていて、当時の収録スタジオの中にあった写真など、すべて覚えていました。若いからね(笑)。今回彼らは関西にも行ったということで、神戸のスイーツの手土産もあって、F.CUZチームの心配りにスタッフは感激でした。

 新曲「Forever」は、新しいこと、新しいスタイルに挑戦した楽曲。英語で歌っています。「次のチャレンジとして、自分たちに何ができるのだろうかと考えていた時、「Forever」のデモを聞いて、これは英語で歌ったらいいな、と思ったんです。」とイェジュン。「今後英語で歌っていくかはわからないけれど、挑戦は続けていきたい。一歩一歩階段を上がるように!」とリーダーのジノン。洋楽好きはカン。そんな彼の感性も「Forever」が生まれたひとつのきっかけ。「高校生の頃から洋楽は聴いていた。NE-YO、クリス・ブラウン、エリック・ベネイ、ブライアン・マックナイトが好きだった!」と。韓国のアーティストは本当にブライアン・マックナイトが大好きです。2年前、日本で活動しているKも一緒に仕事をしてみたいということで、ブライアン・マックナイトにコンタクトをとり、1年かけて「Together Forever」という楽曲を共作してリリースしました。ぜひ機会があったら聴いてくださいね。

 F.CUZは全員曲作り、制作に関わっていますが、特にカンがソングライティング、トラック作りを担当しています。カップリングの素敵なバラード「Just Too Far Apart」も彼の作品です。

「これからの目標は、今よりももっといい曲を作ること。ピアノやギターを弾きながら曲を書くこもとあるけれど、今はコンピューターでトラックを作ってしまう。」とカン。
「カン君は頭がいいのです。僕にはできない。カン君にまかせます。(笑)」とジノン。そんなジノン君の目標は日本でレギュラーのラジオ番組をもつこと。「韓国で4年間ラジオ番組を担当しています。ラジオが大好きなんです。だからこの夢を叶えたい。」
最近ではCROSSGENEのSHIN君がFm yokohamaでレギュラー番組をもっていますので、ジノン君にもチャンスが訪れるといいですね。二人は、車を運転しながら、時々リーダーのラジオを聞いているそうです。

イエジュン君の目標は、ステージでうまいMCを展開すること、だそうです。先日の渋谷でのライヴでの松岡修造話はおもしろかったですよ!
 現在3人で活動しているF.CUZですが、なんと全員B型!「よく周りから大丈夫?といわれるけれど、いつも3人で一緒にご飯に行くし、夏、冬にはソウル郊外に小旅行にも行きます。旧正月も一緒でした。僕がラーメン食べたいな、と思うとカン君もイェジュン君も、ちょうど食べたいと思っていたって言うんです。」
それはジノン君が先輩だから従っているんじゃない?と意地悪を言うと、「二人が高校生の時はそうだったけど、今は二人があそこに行こう、と言ったら、僕が"はい、わかりました"って言ってます!(笑)」と。
おすすめの小旅行にぴったりのソウル郊外は、東海(トンへ)と加平(カピョン)。そこでは夏のスポーツを楽しむそうです。「夏のスポーツ?ジェットスキーとかバナナボート!(大笑)」

 コンスタントに日本での活動を行っているF.CUZ。

2016年も挑戦を続けていくグループとして、Step By Step! 期待しています。





★特集★





□バックナンバーへ


HomeRankingSearchBack