第25回 ~ヴァラエティーで大ブレイク中KangNam~インタビュー 

もう二度とないチャンス♪
KangNamの缶バッチを1名様にプレゼント


外した目線がいいね!


プレゼントの応募期間は終了しました。次回をお楽しみに・・・






 先日紹介したノ・ミヌ君ですが、MINUE名義で正式に日本でも音楽活動を開始します。6月4日は新宿文化センターでコンサートがあります。一部はファンミーティングですが、2部(17:30)は本領発揮のロック・コンサート。ぜひ、MINUEのロック・ワールドを見に行ってくださいね。

ヴァラエティで大ブレイクKangNam


写真協力:Fm yokohama「Radio HITS Radio」


 さて今週は、5月25日に"Ready To Fly"で日本ソロ・デビューしたKangNam君のインタビューです。M.I.B時代にもインタビューしたり、コンサートに何度も足を運んだり、とKangNam君の活動はここ数年応援してきました。

M.I.Bの活動がStopしてからは、ソロとしてヴァラエティで大ブレイク。
それからはなかなか会う機会がなかったのですが、ようやくソロ・アーティストKangNamとして日本デビューとなり、久し振りにお会いしました。

 「2年振りじゃない?」
目をまん丸にして登場したKangNam君。過酷なスケジュールをぬっての日本でのソロ活動に、少々お疲れ気味なんじゃないかと聞いてみると、「カラ元気!今すごくカラ元気!!」と。韓国の報道で12kgも太ってしまったという話を聞いてみると「12キロ太って、"ジャングルの法則"(ジャングルに行って生き延びるヴァラエティ番組)でジャングルに行って6キロ痩せて、戻ってから2キロ太って、今68キロ!ホドンさん(お笑いタレント)との番組後にいつも飲みに行ってたら、あっという間に太っちゃった。"Ready To Fly"のPV撮影は、ジャングルの後だったからよかったよ。シュッとした顔に戻って、かっこいい爽やかなイメージで撮れたから(笑)」KangNam君は昔からフォトジェニック!ファッション誌にもたびたび登場するほど。「えっ、フォトジェニックって何?時々、難しい英語使うよね。」と茶々も入れられましたが、これは照れでしょう!

 僕がみんなに元気をあげる番なんだ!
"Ready To Fly"は、かなり爽やかなポップ・ソングです。「韓国ではヒップホップなので、日本ではJ-POPでやりたかった。元気の良い歌にしたかったんだ。僕のTVを見ていつも元気をもらっているよ、という声が多いから、僕の元気を歌でもわけてあげたくて。自分で曲も書いているけど、なかなか採用されないんだ。(笑)僕はミスチルの"シーソーゲーム"で元気をもらっていたし、SMAPの"Shake"やKinki Kidsが大好きだった。これからはそんな先輩を見習って、僕がみんなに元気をあげる番なんだ。」

今でも交流がある、元事務所の先輩Kについては「K兄貴は、歌がうますぎ!カラオケで"Only Human"歌うとみんなひくんだよね?。キーも高いし、R&Bは難しいや。(笑)」と。

 カラ元気とは言っても、いつも明るくて、一生懸命な KangNam君ですが、日本から韓国に渡ったときは、苦労もあったようです。「道を歩くと、おいしいものばかりがあって、そんなお店を横目に、食べたいものが食べられるようになりたいっ、ていつも思っていた。」

ヴァラエティ「学校へ行こう」に出演したら、突然TV局からオファーが来て、一気にレギュラーが増え、道を歩いていても声をかけられるようになったそうです。
ドラマの端役で、ちょこちょこ顔を出すようになったけれど、ヴァラエティのオファーは途絶えませんでした。「これが僕の素顔。不思議な子と言われ、それがおかしいって思われて、M.I.Bから変わらない。」

 ソロとしての夢はやっぱり東京ドーム。元気を振りまくアーティストとして、大きな舞台に立って欲しいですね。インタビューは、終始笑いでいっぱい。脱線状態。「はい、今日はありがとうございました。」とインタビューを切り上げると私に、「早くない?」と。やりつくした感満載な私は、元気を吸い取られたのか、エネルギーゼロになってしまい、終わり宣言。

「インタビュアーの人に疲れたから終わりって言われたの初めてだな?」とKangNam君。

次回は、エネルギーフル充電で臨まないと、KangNamパワーに負けてしまいます!!





★特集★





□バックナンバーへ


HomeRankingSearchBack