第29回 ~VIXX N君LEO君~インタビュー 

韓国ドラマの主題歌や挿入歌、KPOPを配信!


VIXXのサイン入りCDを1名様にプレゼント お楽しみプレゼントも準備中

プレゼントの応募期間は終了しました。次回をお楽しみに・・・






今回はバラード曲「花風」をリリースしたVIXXのN君とLEO君にインタビュー!!

左から LEO君 N君
写真協力:Fm yokohama「Radio HITS Radio」


以前N君は、ホンビン君と一緒にラジオのスタジオでインタビューしたことがありましたが、彼はいつも変わらず積極的に日本語で話してくれる好青年です。 LEO君はライヴを見ていても、VIXX LRでもカリスマ溢れる魅力を発揮しているアーティスティックな人。対照的な二人を前に、どんなインタビューになるのか私も想像がつきませんでしたが、意外に和気あいあいな雰囲気で進められました。

 「新曲は今までとは違う爽やかな曲です。それでいてVIXXらしさもあります。優しい感じになりました。」とN君。日本の作家陣によるバラード曲なので、これまでの韓国楽曲のバラードとは雰囲気が違っていて、まさにN君の言う通り、VIXXの新境地ともいえます。「だからといって、これからずっとVIXXがバラードだけを歌うというわけじゃないですが、これからのことは秘密です(笑)」とN君。
 N君が熱弁している横で、静かに佇んでいるという言葉がぴったりのLEO君。VIXXはこれまでにもさまざまなイメージの変化を遂げてきたグループですが、それについて、細?い声でLEO君が、「イメージを変えるというよりも、いろいろな姿を見せていきたいと思ったんです。」と。
本当に対照的な二人。そんな彼らの性格を、ちょっと楽しんでしまっている私でした。

 「実は僕は今回単独のファンミーティングを開催したんです。生誕祭!僕一人がステージに立って、歌を歌い、未公開の写真も披露したり、ラジオのコンセプトでDJスタイルで構成したんです。台本も自分で書きました。その間、メンバーはショッピングしていたみたいですが(笑)」とN君。単独ファンミをきっかけに、ソロ活動の幅も広げていきたいと抱負を語ってくれました。

 LEO君は、韓国でミュージカル「マタハリ」に出演していましたが、「共演した先輩の中で、日本でもミュージカルのステージに立った人がいて、僕もいつか日本でミュージカルにでたいと思っています。LRでは、自分たちの中の濃い世界観をこれからも続けて行きたいです。今まで以上に個性を出し合いながらやっていきたいです。」と。

VIXX LRでは「Beautiful Liar」のような素晴らしい楽曲をこれからも生み出して欲しいです。街をふらりと歩くのが好きなLEO君。N君が単独ファンミをやっている間、原宿にショッピングに出かけたそうですが、すぐにファンのみなさんに見つかってしまって、短い時間しかいられなかったようです。

 「僕のファンミに両親を招待したんです。昨日は一緒にすき焼きを食べました。もちろん僕が支払いましたよ(笑)。父の誕生日でもあったので。日本の旅行も僕がプレゼントしました。今夜から箱根の温泉に行きます。自分で予約したんですよ。」と親孝行なN君。それにしても、えらいですね。

温泉の話になったところで、これまで消極的だったLEO君が前のめりになり、「僕は以前九州の湯布院に行ったんですが、ホントに、ホントに素晴らしいところで、露天風呂も最高で、とても静かで、ホントに好きです。ぜひ行ってください!!」と熱くアピールされてしまいました。私も一度は行ってみたいと思っていた湯布院なので、LEO君の超オススメなら、やっぱり行かないと、と思いました。

 いやー、本当にN君とLEO君!対照的なだけに、インタビューもユニークにまとめられて、楽しかったです。




今週は、B.A.Pの国際フォーラムでのコンサートを観てきました。「Kingdom」「1004」など大好きな楽曲はもちろんのこと、新曲の「Feel So Good」も披露してくれて、歌もダンスもバリバリのステージを見せてくれました。ファンのみなさんの笛の音が、しばらく頭の中でピーピー鳴り続けていました(笑)。

当サイトでは韓国ドラマの主題歌や挿入歌、K-POPを配信しています。


@kpop_kandoraさんをフォロー

□バックナンバーへ


HomeRankingSearchBack