第42回 囁くような心地よい歌声を聴かせてくれるユンハさん インタビュー

今年も人気ドラマが目白押し!

3月から日本でもM-netを通じて放映が始まるコン・ユの最新作「トッケビ」は韓国で視聴率20 %を超える人気ドラマとなり話題になりました。
(視聴率20%台のドラマ:奇皇后、星から来たあなた、馬医、主君の太陽、青い海の伝説など)

鬼(死神?幽霊?)が主人公という珍しい設定のドラマであることも人気の秘密ですが、イ・ドンウク、キム・ゴウン、ユ・インナといった人気俳優の出演もドラマを盛り上げました。そしてKPOP界からは、BTOBのユク・ソンジェも出演しています。

試聴無料!

次ページから好きな楽曲を選んで
試聴するボタンを押すだけ。

トッケビのOSTを聴く >


また「太陽の末裔」の脚本、演出家による作品ということでも話題ですね。最近映画づいていたコン・ユにとって4年振りのドラマになります。 OSTには、EXOのチャンヨルとPUNCHによる「Stay With Me」、10cm「私の目にだけ見える」、SISTARソユの「I Miss You」が収録されています。 ぜひ聴いてくださいね。

 そしてイ・ヨンエ、ソン・スンホン主演の「師任堂(サイムダン)、色の日記」が日本でも始まりましたね。面白いです。タイムトリップものではあるのですが、過去との関わりを現代に置き換え、絵画の秘密に隠された真実を暴く……。

韓国版ダ・ビンチ・コードだなんて言われています。朝鮮時代と現代を行ったり来たりする忙しいドラマですが、見応えがあります。既に4話の時点で大満足!OSTにはFIESTARのメインボーカルHyemiの「その時その日私たち」をチェックしてください。

来週公開予定!お楽しみに~




チュ・ユンハさんと指ハート

写真協力:Fm yokohama「Radio HITS Radio」


   さて今回は、夏フェスには欠かせない存在だったバンド、Vodka Rainとしてデビューし、2012年からソロ活動を始めているチュ・ユンハさんにインタビューしました。

最近ではドラマ「ショッピング王ルイ」OSTに「Love Is」で参加しています。昨年は「Kind」というポップ・バラード  アルバムをリリースしました。どこかジャズのテイストがあって、ボサノバの雰囲気もあり、とても心地よいアルバムに仕上げられています。

  囁くような心地よい歌声を聴かせてくれるユンハさんは、インタビューに応える声も、とても穏やかな優しい響きをしています。
(声を想像しながら読んでみて下さい。)

■これまで日本に来たことはありますか?

「バンド時代は何度か来日していますが、今回はソロとして初めてのコンサートのため来日しました。でも数え切れないほど日本には来ています。昨年12月にはプロモーション・ビデオの撮影のために北海道に行きました。東京は久しぶりですね。」

■影響を受けたミュージシャンについて聞かせて下さい。

 「ジャズに影響されて、もともとはプレイヤーとして音楽を始めています。ジャズにフォーカスしたアルバム"Jazz Painters"もリリースしたことがあります。今後はジャズを基本にしながら、幅広いジャンルのサウンドを歌っていきたいと思っています。80年代のシンセ・ポップにかなり影響を受けて、坂本龍一さんが好きでした。子供の頃は、安全地帯をよく聴いていました。」

■ドラマ「ショッピング王ルイ」のOST参加した感想を聞かせて下さい。

「良いチャンスをいただきました。僕の歌声とドラマのシーンとがとてもうまく合っていて、曲の魅力をも伝えられて嬉しかったです。これからも良いドラマがあったら、OSTには積極的に参加していきたいです。」

■ユンハさんの今年の目標を教えて下さい。

「日本でもっと多くのコンサートをやっていきたいです。僕の音楽をライヴを通して伝えていけたらと思ってます。そして今年は日本語でのシングルをリリースしたいですね。」

 久しぶりの東京では、表参道にある餃子屋さんがおいしかったので、また行きたいとのことでした。原宿餃子楼というお店だそうです。みなさんも是非。

韓国ドラマの主題歌や挿入歌、K-POPを今すぐチェック!


次へ >

@kpop_kandoraさんをフォロー

□バックナンバーへ


HomeRankingSearchBack