第43回 韓国ドラマ 師任堂、キム課長

「太陽の末裔」「麗~花萌ゆる8人の皇子たち」と次々にDVD化され、心はいち早く春が訪れています。何といっても、ボーナス映像が楽しみですから。

 ということで、今週はドラマの話題です。
イ・ヨンエが14年振りにドラマに復帰した「師任堂(サイムダン)、色の日記」が韓国とほぼ同時に放映がスタートしていますが、事前制作ドラマなので、1年前から撮影は始まり、10ヶ月間の撮影期間があり、当初の予定では2016年12月からスタートでしたが、壮大なドラマなだけに、遅れて放送がスタートしています。

イタリア・ロケもありましたし、朝鮮時代の華やかなセットと現代のセットとまるで2つのドラマを作るかのような制作費ですから。

師任堂の本名は申師任堂(シン・サイムダン)といいます。とても珍しい名前ですよね。16世紀に活躍した女流画家で、50,000ウォン札の女性です。

ドラマはまだ序盤ですが、運命の人ソン・スンホン演じるイ・ギョムとの関わりがどのようになっていくのか、今後の展開が気になります。現代と過去との輪廻もドラマのおもしろさでもあります。勉強ができる息子も実在の人物で5,000ウォンの儒学者栗谷李珥(ユルゴク・イイ)です。ドラマではまだ少年時代ですが、勉強がしたくてしたくてといった前向きな男の子です。実際は7人の子供の母で(ドラマでは4人)、母の鑑と言われている師任堂。

ドラマでは結ばれない愛を守るために、好きでもない男性と結婚したというくだりは、ドラマならではの脚本のようです。

試聴無料!

次ページから好きな楽曲を選んで
試聴するボタンを押すだけ。





師任堂、色の日記のOSTを聴く >


 そんな話題の超大型ドラマ「師任堂」の視聴率を抜いて、同時間帯のトップにたっているのが「キム課長」。

ナムグン・ミン主演のこのドラマは、弱者を助ける元会計士のサラリーマン。オフィス・コメディー・ドラマです。

「師任堂」が12%のところ、16.7%を記録した週もありました。イケメンの役から恐怖の男、そしてコミカルな役まで、幅広いキャラクターを演じているナムグン・ミン人気が大ブレイクです。

日本では、4月から衛星劇場でスタートします。私はコン・ユと共演した「ある素敵な日」やキム・ジェウォンとの「私の心が聞こえる」が好きなドラマでしたが、「私たち結婚しました」で素顔のコミカルな面を垣間見て以来、おもしろナムグン・ミンの魅力にはまっています。劇中歌After Romeoの「How It Happen」、Din Dinの「Must Be The Money」をチェックしてください。





キム課長のOSTを聴く >


 そして最後は「ショッピング王ルイ」で、かわいいルイ役を演じたソ・イングクの新曲「BeBe」が配信になっています。





BeBeを聴く >


このコーナーにも何度か登場してもらっているソ・イングク。2010年にリリースされた「エギヤ」はお気に入りのアルバムで、今でもよく聴いています。もともとシンガーとしてのデビューですが、今ではすっかり人気俳優ですね。でも彼の音楽スタイルはポップセンスに溢れた良い曲が多いので、入隊を噂されてはいますが、ぜひシンガー、ソ・イングクにも今後注目しましょう。

韓国ドラマの主題歌や挿入歌、K-POPを今すぐチェック!


次へ >

@kpop_kandoraさんをフォロー

□バックナンバーへ


HomeRankingSearchBack