第50回  INFINITE インタビュー

INFINITE
サイン入りスリーブケース
1名様にプレゼント^^

詳しくはこのページの下段へ






写真協力:Fm yokohama「Radio HITS Radio」

プレゼントの応募期間は終了しました。次回をお楽しみに・・・


 防弾少年団の世界的な成功もあって、KPOPシーンが息を吹き返したような、そんな賑わいを見せています。来日ラッシュでもありますよね。
そんな中、1年半ぶりに活動を再開したINFINITEの来日は嬉しかったです。

 オリジナル・アルバム「AIR」は、これまでの韓国でのヒット曲の日本語ヴァージョン、リミックス・ヴァージョンに新曲3曲を追加してのアルバムです。特に「Man In Love」「Be Mine」のリミックスは、ビートグランプリ2016で優勝したDJAva1ancheによるもので、これまでにないEDMなINFINITEの新たな魅力に溢れています。「ちょっと不思議な気分。新しい僕たちのサウンドになりました」とソンギュ君。

 ソンギュ君はTV番組で肋骨を折って、INFINITEの韓国でのカムバックを延期するほどの大怪我になってしまいましたが、インタビューではとっても元気で、「たくさんの方に心配をかけてしまいましたが、今では日常生活に支障がない程度になったのでよかったです。やっぱり健康第一だと思いました。」と。

末っ子ソンジョン君は、「すごく心配しました。その時期にスケジュールがあまり入っていなかったので、ちょっと休むことができてよかったと思ってます。完璧に治して、復活してほしと思います。」と兄貴を思って発言していましたが、その横で「僕が仕事ないってからかってんじゃないの?」と兄貴の一発!「そういうことじゃないよ?」とかわいく逃げていました。今回は、ソンジュン君をソンギュ君ととソンヨル君がよくからかっていました。

 デビューして7年目になるINFINITE。この7年間をドンウ君に振り返ってもらいました。

「やっぱりメンバーそれぞれが人として成長したと思う。この歳月のなかで、いろいろな人と出会い、そしてそれぞれぶつかり合うこともあったけど、みんなの尖った部分が、人と出会い、ぶつかってきたことによって、その尖った部分が削られて丸くなった。そして相手を理解できるようになって、お互い話しをする時も気軽に話せるようになったと思う。」とまじめに答えてくれました。

 現在ソンギュ君のケガもあり、ソロ活動が中心になっていますが、エル君はユ・スンホと共演の初時代劇「君主」に挑戦しています。「今も撮影しています。やっぱり現代ものに比べて、衣装も違うし、言葉遣いも違うので難しいです。その撮影時期によっては、寒かったり、暑かったり、撮影場所への移動距離もあるので、大変ではあるけれど、がんばりますので期待していてください。」と。

 ホヤ君も「君主」の前に放映されていた「自己発光オフィス」が話題になりましたね。「今年は2作品出演して、ほぼ同時に進めていました。シットコムの「超人家族2017」と「自己発光オフィス」。なので、キャラクターをいかに区別して演じていくかを今まで以上に研究することになりました。そのおかげで本当にたくさんのことを学べて成長できる時間になりました。」

超人家族のOSTを聴く >


ウヒョン君は「僕は出てません」と笑いを誘い、電子辞書を使って、一生懸命日本語を話そうと努力していましたが、なかなか伝わらずメンバーの笑いを誘っていました。でもその努力が嬉しいですよね。

 今回は、プロモーションでの来日ですが、INFINITEは完璧なるダンス・パフォーマンスにあります。やっぱりコンサートでの来日を期待したいですね。ソンギュ君のケガが完治したら、INFINITEとしてのかっこいいステージを見ることができるでしょう!

INFINITEの楽曲を聴く >



INFINITE
サイン入りスリーブケース応募はこちら


応募ページ >

韓国ドラマの主題歌や挿入歌、K-POPを今すぐチェック!


次へ >

@kpop_kandoraさんをフォロー

□バックナンバーへ


HomeRankingSearchBack