第73回 Wanna One情報& ~ EXO-CBX ~ MONSTA X ~ NCT127 レポート

- REPORT -

Wanna Oneの来日公演が決定しましたね。

ワールド・ツアーの予定の中に日本が含まれていなかったので、寂しい気持ちでいましたが、アメリカ各地を回り、東南アジアに行く前の7月10日、11日幕張メッセでコンサートを行うことが決まりました。そして、6月4日のユニット・アルバム「1÷χ=1(UNDIVIDED)」の発売、リード曲の「Light」、アルバム・ジャケットも明かされ、Wannableのトキメキは止まりません。

さて、5月はK-POPアーティストの来日公演が多い月でした。

オリコン・チャートでアルバム「MAGIC」が1位になったEXO-CBX横浜アリーナ3Daysの最終日を観てきました。「EXO-CBX “MAGICAL CIRCUS” TOUR 2018」と題されたファースト・ジャパン・ツアーは、そのタイトル通りのマジカルな世界観の中で行われるパフォーマンスに、圧巻というしかありませんでした。めまぐるしくステージ・セットが変わり、EXO-CBXならではのアグレシッヴなサウンドで(どちらかというとロック・テイストを感じました)、約2時間止まることのないパフォーマンスを繰り広げてくれました。生バンドを従えてのステージは、3人の歌唱力をあらためて知ることになったし、臨場感があり、生バンドスタイルであるにもかかわらず、あれだけのパフォーマンスを見せてくれる彼らの実力を目の当たりにしました。MAGICの合言葉はHorololo! そして本編最後の「Ka-CHING!」で最高潮に達し、ステージと客席が一体と化しました。

そして日本デビュー・オリジナル・アルバム「PIECE」をリリースし、オリコン・チャートの3位に輝いたMONSTA X。

リリース週から2週間TOP10にランクインし、一度トップ10圏外になったものの、ツアー中に再び3位に返り咲きを見せました。K-POPアーティストでは珍しいですよね、再度チャート・インというのは。。。彼らの人気が定着してきた証でしょう。4月25日福岡からスタートし、名古屋、大阪を回り、5月17日、18日東京国際フォーラム・ホールAで最終日を迎えました。クリスマス・イベント以来の東京国際フォーラム・ホールAですが、2日間とも超満員!アルバム「PIECE」のコンセプトを映像で表現し、日本ならではのステージ構成を組み、デビュー1周年をMONBEBEとお祝いするライヴとなりました。韓国での新曲「JEALOUSY」が音楽番組で1位になり、本国でも日本でもトップへの階段を一歩一歩踏み出しているMONSTA X。次のステップはアリーナ・クラスでのコンサート開催となるのでしょうか?

公演終了後楽屋を訪れたのですが、メンバーみんな元気いっぱい。もう1ラウンドできそうなぐらいの勢いがありました。彼らはこのあと韓国で同規模のコンサートを行い、その後はワールド・ツアーへ出かけます。


【MONSTA X】 5月17日国際フォーラムホールAのコンサート後に楽屋にて

BTS(防弾少年団)も、Wanna Oneも今年の夏は世界を回るスケジュールです。K-POPはまさに世界の音楽へと羽ばたいていったのですね。

怒涛の週の最後はNCT127初のショーケースを見に豊洲PITへ出かけました。

NCT127は日本でのデビュー・ミニ・アルバム「Chain」をリリースし、全国4カ所9回のショーケースを行いました。正式なデビューに向け、日本語も猛勉強したというメンバー。もちろん、日本人のYUTAには必要ありませんが・・・・。性格判断クイズなどのトークコーナーでファンも彼らの魅力に触れられた時間がたくさんありました。7曲のパフォーマンスもあり、ショーケースとしては内容盛りだくさん。今後の日本での活躍に目が離せません。NCT127は、a-nation2018にも出演します。。

韓国ドラマの主題歌や挿入歌、
K-POPを今すぐチェック!
今すぐ会員登録!


HomeRankingSearchBack