第79回 応答せよ1988 ~ キム秘書がなぜそうか? ~ PRODUCE48

- DRAMA -

「応答せよ1988」

「韓ドラうたフル完全版」のスタッフから以前、「応答せよ1988」を大プッシュされたのですが、レンタルでDVDを借りてもなかなか見ることができなくて返却、なんてことをやってしまい・・・。しばらくドラマから遠ざかってしまいましたが、先日LaLaTVで一挙放送していたので、集中して見ることができました。はい、最終回の結婚式のシーンは号泣でした。一人一人の人生ドラマがそのシーンに反映されていて、ワーワー泣いてしまいました。お恥ずかしい・・・。日本でも昭和を懐かしむように、80年代の韓国の家庭を覗きみながら、若者の考えや親の愛情、食生活にいたるまで、家族ドラマを堪能しました。歌手のイ・ムンセの歌を歌うシーンが多くありましたが、彼が大物スターであり多くのK-POPアイドルがカバーしているので知識としては知っていましたけど、あの時代に愛された歌手だったのだと、ドラマを通して実感しました。遅まきながら、ウンパルです。(韓国タイトルの「ウンダッパラ イルグパルパル」からの愛称)。ドラマが終わっても、ヴェラエティ番組で主人公たちが旅をしている姿をみたり、実生活でリュ・ジョンヨルとヘリがお付き合いを公表したり、あのドラマは出演者たちにとっても大切な思い出となっているのですね。そして故キム・ジュヒョクが出演していたのが、切なさを増します。それにしてもソン・ドンイルはすごい俳優さんだな〜。お母さん役のイ・イルファさんは、イム・ヒョンジュ君の映画の試写パーティーでお目にかかりましたが、そのときは豪華なドレスを身にまとった美しい女優さんの印象がありましたが、あのようなお母ちゃんを演じられるのですから、あらためて感動しちゃいました。

さて、まもなく日本でも放映になる「キム秘書がなぜそうか?」

パク・ソジュンとパク・ミニョンが共演して話題となりました。久しぶりにツンデレ財閥御曹司を演じるパク・ソジュン。10月19日からM-netでスタートします。そして「キム秘書がなぜそうか?」のOSTも話題です。MY TEENのソン・ユビン、PENTAGONのジノ、GFRIEND、韓国のギタメン、チョン・セウンが「It’s You」で参加しています。ギタメンとは、洋楽の世界では、世界で大人気の20歳のショーン・メンデスのような、若手でギターを弾き歌うイケメンのことです。セウン君は、Produce101シーズン2で、惜しくも12位となり、Wanna Oneメンバー11人の中には入れませんでしたが、そのほんわかとした性格と穏やかな話し方で大人気です。昨年9月のソロ・デビュー以来、3枚のEPをリリースし、現在は「20 SOMETHING」で活動中です。彼のその歌声は、ドラマOST向きというのもありますが、他にも「油っぽいメロ」にも参加しています。癒しの歌声で年上の女性にも人気があるようです。そんなセウン君にソウルでインタビューしてきます。楽しみです。日本での正式デビューはまだのようですが、9月14日、Zepp DiverCity(TOKYO)で行われる11thKMF2018に出演するため来日します。先日M COUNTDOWNのMCで日本語を少しだけ話していましたが、日本語勉強しているといいな〜。

そして、9月になるとSEVENTEENのさいたまスーパーアリーナ5Daysが開催されます。韓国でも「オッチョナ(Oh My!)」が音楽番組の1位になり、カムバックも大成功でしたね。そんな彼らが、私がプロデュースした素敵な企画に参加してくれました。まだ発表できないのですが、9月中旬ごろにご報告できるので楽しみにしていてください。言えないのに、小出しにしちゃってごめんなさい!!スングァン君、すごく顔がほっそりしましたが、オヤツを我慢した結果だそうです。かわいいですね!!

- REPORT -

さあ、いよいよPRODUCE48のファイナルが、8月31日に生放送されます。

11回の放送が終わり、新しいガールズ・グループの誕生を期待して待ってます。私はこの3ヶ月間のガールズ達の奮闘ぶりにエールを送っていました。先日、コンセプト評価でオリジナル楽曲を歌ったチーム別が、M COUNTDOWNのスペシャルステージに生出演しましたが、Wanna Oneのイ・デフィ君が書いた曲「See You Again」やダンス・パフォーマンスがかわいい「Rollin'Rollin」など、今すぐデビューしてもおかしくないオリジナル楽曲の舞台を披露してくれました。みんな実力派です。

そして11回目では、ファイナルの生放送に出演できる20人が発表になりました。宮脇咲良ちゃんは、「ネッコヤ」でもセンターに選ばれましたが、ここでも1位を獲得、そして2位は宮崎美穂ちゃんでした。本人もとてもびっくりした表情をしていましたが、韓国語も話せるし、国民プロデューサーの心をがっちりつかんだのですね。ダンスが上手な18歳のイ・チェヨンちゃんの躍進もすごかったです。彼女は10代ですが、コンセプト評価でリーダーを任され、そのプレッシャーで押しつぶされそうになりましたが、乗り越えて素晴らしいパフォーマンスを披露したのが大きなポイントになりました。私は、チョン・セウン君のデビュー曲のMVに登場したアン・ユジンちゃんを応援していますが、12位圏内から下がってしまったので、ファイナルでは素晴らしいステージを見せて欲しいです。もちろん宮脇咲良ちゃん、矢吹奈子ちゃんも!新しいガールズ・グループは、デビュー後1年半は、他の活動禁止で、グループにフォーカスした活動をしていくそうです。

韓国ドラマの主題歌や挿入歌、
K-POPを今すぐチェック!
今すぐ会員登録!


HomeRankingSearchBack