第81回 Mamamoo~DUETTO~チョン・セウン~MONSTA X

- NEWS -

いよいよ10月3日に「Décalcomanie –Japanese ver.-」で日本正式デビューを果たすMamamoo。

10月7日は品川プリンス ステラボールで初の日本公演を行います。韓国では、実力派ヴォーカル・グループとして大人気の彼女たち。韓国では公演チケットが1分でソールドアウトしてしまう、そんな彼女たちの歌声を聴きに行ってくださいね。私も楽しみにしています!!


Mamamoo ビクターエンタテインメント提供

- REPORT -

さて先週に続きソウルレポートです。今回はチョン・セウン君と、クラシック・クロスオーバー界の新星と呼ばれているDUETTOにインタビューしてきました。

DUETTOは、クロスオーバーのサバイバル番組「ファントムシンガー」出身の2人組です。昨年の年末に放送されたMBC音楽の祭典で、Mamamooと一緒にステージに立ち、K-POPメドレーをクラシック調にして歌っていたのがDUETTOです。
DUETTOは、パク・インテとユ・スルギの2人で、2017年にデビュー。今年は「Dream」「Reminisce」「Miracle」のシングル3枚をリリースしました。二人は漢陽大学の同級生で、クラシックを勉強しました。クラシック・クロスオーバーの世界はなかなか舞台の経験を積む場が少ないということもあって、卒業後は普通の社会人として仕事をしていたのですが、「ファントムシンガー」のオーディションがあることを知り、自分たちの歌声を聴いてもらいたい、という思いで番組に出演したとのことです。
イル・ディーヴォやイル・ヴォーロのようなグループの存在がクロスオーバー界を明るいものに変えていったように、DUETTOもそんなグループを目指して活動していきたいということです。夢はアンドレア・ボチェッリとデュエットすること!その夢に向かって頑張って欲しいです。私はイム・ヒョンジュ君と長い間仕事をしているので、(現在は軍服務中)クロスオーバー界がなかなか外に飛び出して活動していくことが難しいのを知っていますが、K-POPが世界の音楽シーンのトップに立つような時代が来たように、クロスオーバー界がさらに広がりを見せることを期待しています。


DUETTO Fm yokohama 「Radio HITS Radio」提供

DUETTO Fm yokohama 「Radio HITS Radio」提供

そしてチョン・セウン君のことは前回もお話をしましたね。Fm yokohama「Radio HITS Radio」でのセウンのDJ Timeは聞いていただけましたか?かわいかったですよね。一生懸命、日本語に挑戦してくれました。「16歳の時、一人でいる時間が多くて、ただ無気力だった時にギターに出会って、17歳の時には、独学で演奏を始めた」というセウン君。旅に出かける時も、移動中も、ギターは絶対に一緒だそうです。新曲「20 Something」は、セウン君が作詞をしています。「誰もが一度は悩んだことを、正直に表現しようと思った。徹夜して作った歌詞。僕たちの現実を描き、希望とエネルギーを感じるものに仕上げました」
セウン君の趣味は外国語を勉強すること。今は日本語と英語を勉強しているそうです。「今まで、書くことで言葉を学んできたけど、DJ Timeに挑戦して、話せるようにもっともっと勉強したいと思うようになりました。いつか日本語を上手に話せるまで待っていてください」と。先週イベント出演のために来日していたセウン君ですが、ステージでの日本語でのMCがとても上手だったというレポートがファンの方から届きました。頑張っているんですね。他には、「数独が好き。ナンバープレース。時間があると時間つぶしにいつもやっています。スポーツも好きですよ、フットサルはよくやります」
派手さはないけど、その純粋さは、ショーン・メンデスを代表する洋楽のギタメンたちと通じます。韓国ではギターアイドルというようですが、「ギタメンもいいですね。気に入りました」と。セウン君もギタメンの仲間入りです。

さて、MONSTA Xの日本公演も迫っています。

10月5、6、7日幕張イベントホール。10月10日大阪城ホールです。先日日本でのシングル「Livin It Up」の発売のためのプロモーションで来日していました。ワールド・ツアーもあと日本を残すだけですが、ミニョク君が「日本公演は、ちょっとスペシャルで日本の曲もやるよ〜」と教えてくれました。この模様は10月29日のFm yokohama「Radio HITS Radio」でMONSTA XのDJ Time Special Versionで放送されるのでチェックしてくださいね。インタビューは撮影スタジオで行ったので、イギリスのソフト・クッキーを差し入れしたのですが、ショヌ君がとても気に入って、「ボク オカシガ スキナンデス!トクニボクトウォノガ。」といつも積極的に話をしてくるショヌ君ではないのですが、クッキーの感想はちゃんと伝えに来てくれました。
今MnetでMONSTA Xが生まれた番組「NO.MERCY」が再放送されているのですが、とんでもなく厳しいサバイバルを乗り越えてきたんだなと、あらためて感動しています。取材直前にも、眉間にシワがよってしまうように「NO.MERCY」を見ていたのですが、その直後にジュホン君の笑顔に会って、なぜかホッとしました。彼が公開したソロのミックステープもかっこよかったですね。「「RED CARPET」聴いてくれたんですか?ありがとうございます。嬉しいです」と。目を細めて笑顔で話してくれました。

韓国ドラマの主題歌や挿入歌、
K-POPを今すぐチェック!
今すぐ会員登録!


HomeRankingSearchBack