第103回 X1~THE BOYZサマソニ出演~ MONSTA Xのアメリカでの状況

- REPORT -

Produce X 101から誕生したX1がついにデビューしました。

デビュー曲は「FLASH」!激しいダンス・パフォーマンスが印象的な大ヒット間違いなしのナンバーです。ファンの名前はONE ITに決まり、彼らの5年間の活動が始まったのです。すでにアメリカのビルボードによるEmerging Artists Chartで、デビュー前にもかかわらずチャートインしたことが話題になりました。すでにグローバル・グループとして認められています。これから音楽番組、ヴァラエティ番組などにどんどん登場すると思うので、毎日スカパー、 YouTubeチェックに忙しくなりそうです。

最近は、Produce X 101の1話、2話を見直して、デビュー評価に残った20人の最初の頃の発言やパフォーマンスを見ながら、その成長に目を細めています(笑)。X1にはなれなかったイ・ジンヒョク人気の高さもすごいですし、MYTEENの解散は残念でしたがユビン&グクホンのユニット・デビュー、Woolimに所属することになったフリーのイ・ヒョプとWoolimチームのW Project 4、かわいいイ・ジヌを中心としたマル企画の3人によるDAZED、ジェリーフィッシュのキム・ミンギュ、iMEのイ・セジンはファン・ミーティングを開催、中国の会社に所属していたTonyは韓国での活動はFNCと業務提携するという話も出ていて、X1メンバー以外の注目度の高さにも驚かされます。あとはスターシップ、BRANDNEW MUSICの練習生たちの動向が気になるところですね。

- REPORT -

8月16,17,18日の3日間にわたって開催されたSUMMER SONIC 2019は無事に終わりました。

取材エリアから出るのが嫌になるほどの強烈な暑さでしたが、今年は取材の合間にチョコチョコと精力的にライヴを見て回りました。もちろんTHE BOYZもチェック!翌日韓国でのカムバック曲「D.D.D」のリリースを控えていた彼らは、カムバックで忙しくなる直前の来日でした。THE BOYZが登場した日は、ザ・チェインスモーカーズ、ZEDD、アラン・ウォーカーといった人気DJ、プロデューサーたちのステージがマリン・スタジアムでありました。K-POPのアーティストたちのサウンドには、アメリカ、ヨーロッパのDJが作っているEDMテイストをもつトラック、サウンドが感じられるので、THE BOYZのメンバーも大阪では、自分たちのステージの後にそんなDJたちのライヴを鑑賞したそうです。

ステージを終えて、取材エリアに来たメンバーは、ちょうどそこでアラン・ウォーカーに遭遇。会話を楽しんでいました。「初めて会ったんですが、大阪でステージを見ることができて楽しかったと伝えました。会場の熱気も凄かったですが、たくさんのことを学ぶことができました」とケビン。「好きなアーティストと同じ舞台に立ててとても光栄でした。僕たちにとって新しい経験でした」とサマーソニックを彼ら自身も楽しんでいる様子が伝わってきました。「カムバックの活動が始まるので、怪我をしないで、元気に活動したいです。そしてグローバルなグループに成長して、多様な姿をお見せしたいです。」と初インタビューに答えてくれました。その模様は、8月31日のFm yokohama「Radio HITS Radio」を聞いてくださいね。

ステージでは「D.D.D」の披露はありませんでしたが、新曲はキャッチーで元気の良いダンス・ナンバー。パフォーマンスもかっこいいです。生で見たかったなぁ〜。

ヨーロッパ、アメリカを回り、ワールド・ツアーのラストとなる日本公演がスタートしたMONSTA X。

先日のLA公演は、V LIVEを通じて生中継されましたね。私もバッチリ見ることができました。LAはステイプルズ・センター、ニューヨークはマジソン・スクエア・ガーデン、昨年のシアター・クラスから一気に多くの人気アーティストが行うアリーナ会場へと規模が大きくなり、この1年、MONSTA Xがグローバル・グループへと成長したことを実感しました。LA公演翌日には、アメリカの注目の音楽賞のひとつ、Teen Choice Awardsでもパフォーマンス。昨年からラジオ番組、ラジオ局主催のイベントなどにコツコツと出演してきた成果が出て、アメリカで好スタートを切ることができました。

アメリカでの新曲「WHO DO U LOVE?」は、これまでのMONSTA Xのイメージとはちょっと違うかもしれませんが、アメリカの市場を狙ったサウンドは、公演でも人気の曲でした。防弾少年団もそうでしたが、パッとアメリカでブレイクしたわけではなく、アメリカ修行時代がありました。MONSTA Xもしっかりアメリカの市場を熟考し、時間をかけ、何度もチャレンジしたことが今につながっていると言えます。

ワールド・ツアー日本公演の幕張メッセは終わりました。まだ9月3、4日の大阪城ホールでのコンサートが残されているので、ネタバレはできませんが、 日本をしっかり意識してのコンサートに、モンべべは嬉しかったはずです。世界に認められたグループへと成長した姿をぜひ楽しんでください。終演後、久しぶりにメンバーにご挨拶しましたが、3時間近いステージ後でも、元気いっぱい、ニコニコ顔で挨拶に応じてくれました。怪我が心配なキヒョン君も「大丈夫ですよ」と。回復に向かっているようです。

韓国ドラマの主題歌や挿入歌、
K-POPを今すぐチェック!
今すぐ会員登録!


HomeRankingSearchBack