第104回 VERIVERY~K-POPアーティスト来日ラッシュ~SPARKS vol3

- EVENT -

少し前の話ですが、7月28日、VERIVERYの初来日単独イベントに行ってきました。

川崎にあるCLUB CITTA’で行われたのですが、”クラブチッタ”のころに行ったことはありましたが、なんと私にとっては何十年振りかの川崎でした。確か、1992年のNIRVANAのたった一度の来日公演以来かもしれません(笑)。今やロサンゼルスにあるユニバーサル・シティのようなイメージになっていてビックリ。ちょっとキョロキョロしちゃいました。

VERIVERYは、今年5月に行われたKCONで初来日して、正式には7月が2度目の来日です。今回は、「Tag Tag Tag」の日本語ヴァージョンが収録されている1st Single「VERI-CHILL」の発売直前のイベントでした。初のリアリティ番組「今からVERIVERY」の時は、デビューを控えた練習生7人がさまざまなことにチャレンジして結束を固めていく内容で、とても初々しい姿を番組通して、振りまいていました。そこで知ったのは、彼らが作詞、作曲、映像制作まで手がけるDIYグループだということ。今では、クリエイティヴ・アイドル、DIYアイドルとも呼ばれ、実力派として活動していますが、「今からVERIVERY」の時から、可愛らしさのなかに、クリエイティヴなグループであることを伝えていました。


提供;Jellyfish Entertainment Japan株式会社

単独イベントのステージでは、メンバーの物怖じしない姿がファン(VERRER)のみなさんにはたまらない時間となりましたが、いざステージでのパフォーマンスになると、完璧なまでの美しいフォーメーションで、ダンス・ヴォーカル・グループとしての魅力を発揮していました。私は2階から見ていたのですが、すべての動きが目にはいってきて、計算されつくした彼らのダンス・パフォーマンスに見惚れてしまいました。11月30日には大阪Zepp Osaka Bayside、12月2日は東京Zepp Tokyoでファンミーティングのためにまたまた来日します。
2020年もVERIVERYの活躍に注目です。


提供;Jellyfish Entertainment Japan株式会社

- REPORT -

11月はK-POPアーティストの来日ラッシュでもあります。

「RPM」の日本語ヴァージョンを9月11日にリリースしたSF9が、日本初のホール・ツアーを開催します。いつまでたっても「SKYキャッスル(原題)」のチャニ、「輝く星のターミナル」のロウン、とドラマ・ファンは思いがちですが、(私だけ?)SF9の舞台では、俳優の姿とは異なった男らしいパフォーマンスを魅せてくれます。そんな彼らのフルショウを今から楽しみにしています。11月26日神奈川県民ホールを皮切りに、11月27日NHK大阪ホール、11月29日名古屋市公会堂です。

ここ数週間、自宅マンションの外壁工事が始まってしまい、衛星放送が入りにくくなるといった悲しい出来事がありました。足場を作る鉄柱が受信を妨げていることがわかり、これは工事が終わる残り2週間、我慢しなければいけないと言われたのです。録画が途中で切れたり、あるチャネルがまったく見られなくなったり、でも大好きな音楽チャンネルは見ることができて、と。どうなってんの〜?と心が複雑です。「王になった男」は一挙放送で再チェックしないとです。

そんなドラマ難民になってしまった私ですが、今年のお気に入りのドラマのひとつ「Live」をご紹介しましょう。チョン・ユミとイ・グァンスが主演している警察ものです。チョン・ユミは「Live」の撮影直前に、あのリアリティ番組「ユン食堂」シーズン2に出演していて、スペインのガラチコで韓国料理店をオープンし、切り盛りしていました。大女優ユン・ヨジョン、イ・ソジン、今回はバイトにパク・ソジュンといった豪華なメンバーで、あの番組を見終わると、いつも自分でビビンバを作っていました。チョン・ユミの笑顔と、彼女の周りに気を使う人柄が、番組からも伝わってきました。

「ユン食堂」が終わると、彼女はすぐに髪をばっさりと切り、「Live」の撮影に入ったのですが、「ユン食堂」の打ち上げを兼ねた反省会スペシャルでは、このドラマの撮影ですっかり痩せてしまったチョン・ユミを、みんなが心配していました。それほど、過酷な撮影だったようです。

ドラマは、ひょんなことから警察学校に通うことになり、そこの同期のイ・グァンスとともに、日々の生活の中で起こる事件に立ち向かいながら、自分の道を見つけて行くといったストーリー。上司からの厳しい教えを受ける新米警官の心の葛藤が描かれていて、じわりじわりと良さが伝わる作品でした。最終的に二人は結ばれるのですが、シン・ドンウク演じる先輩と付き合っていればいいのに、なんて思っていましたが、イ・グァンスの温かさが、最後の方では素敵に見えてくるから不思議です。

OSTには、Davichiの「あなただから」、EXO-CBXの「Someone Like You」などが収録されています。

実は今、私は某所で・・・・

10月21日に発売になる「SPARKS vol3」の表誌の取材です。今回の表誌は、10月23日に「Movie Star」の日本語ヴァージョンを含む「HELLO Chapter 1: Hello, Stranger(1st EP)[Japanese ver.]」をリリースするCIXです。楽しみに待っていてくださいね。

韓国ドラマの主題歌や挿入歌、
K-POPを今すぐチェック!
今すぐ会員登録!


HomeRankingSearchBack