第118回 ドラマ「梨泰院クラス」他~ONEUS

- DRAMA -

パク・ソジュン主演ドラマ「梨泰院クラス」(Netflix)の最終回を見終わりました。

今回も短期間での”いっき見”。今はパク・ソジュンが演じているパク・セロイの栗頭が忘れられずにいます。Web漫画が原作ということで、漫画のキャラクターのイメージを壊さない役作りだったとは思いますが、あの栗頭は衝撃でした。パク・ソジュンだから、似合うんですよね。

転校生として登校したその日に退学となったパク・セロイ。そして大切な父親が、退学の原因である食品会社会長の息子が運転する車に跳ねられ、死亡するという悲劇が起こります。「梨泰院クラス」は、セロイが、復讐に燃え、這い上がっていく物語。そしてドラマのテーマはそれだけでなく、人と信頼をメッセージ。梨泰院で開店した居酒屋「タンバン」を彼と共に大きくしていく過程での友情が大きなポイントです。

ラヴラヴなラヴストーリー中心に見ていたので、男っぽい、打たれても立ち上がるといったストーリーが新鮮でした。最後はかなりの殴り合いのシーンがあるのですが、その直後にふわっとパク・ボゴムが友情出演したシーンがあり、ほっこりさせられるのです。さすが癒し系パク・ボゴムです。

パク・ソジュンのパートナーは新人女優のキム・ダミ。彼女が演じるチョ・イソは、高校生だけどキレキレの頭脳と人間関係をクールな目線で見ることができる大人びた役。熱い男セロイとは真逆です。最初は、ヒロインのイメージがわかなくて、まさかセロイはイソと結ばれるんじゃないでしょうね、と自問自答していましたが、回を重ねるごとに、イソの素直さに納得している自分がいました。そして、居酒屋「タンバム」の料理人マ・ヒョニを演じているイ・ジュヨン。重量挙げ選手キム・ボクジュのドラマ「恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~」では、ボクジュの親友役を演じていて、とても印象的な女優さんです。今回も、トランスジェンダーという難しい役を見事に演じていました。2作品とも、かっこいい女性を演じていました。

梨泰院は、韓国を訪れるたびに、必ずブラブラ歩きのコースのひとつです。最近ではハンナムドンにおしゃれなカフェがたくさんできて、コンサート会場、ミュージカル会場などもあって、昔のように外国人の街というイメージとは別の顔ももちますが、梨泰院のど真ん中は、ドラマで描かれたような場所がいっぱいありますね。居酒屋「タンバム」跡やノクサピョン陸橋から眺めるNソウルタワーなど、ロケ地巡りで訪れてみたいです。


梨泰院の大通りに続く道!
©Keiko Imaizumi

アナログレコードショップ
©Keiko Imaizumi

コンサートホール
©Keiko Imaizumi

カフェ
©Keiko Imaizumi

Netflixでは、間もなくイ・ミンホとキム・ゴウンの「ザ・キング: 永遠の君主」、そして5年振りのドラマとなるキム・テヒが主演する「ハイバイ、ママ!」も今月公開予定です。

また、KNTVで始まったナムグン・ミン主演「ストーブリーグ」にも期待しています。最下位のプロ野球チームの話ですが、プレイヤーが主役ではなく、オフシーズンにトレードや年俸交渉をするGM(ジェネラル・マネージャー)が主役です。チーム再建のために、大胆なトレードを計画し、組織と闘いながら勝ち抜いていくストーリー。これまでの視点とは違うスポーツドラマです。

- REPORT -

K-POPの話もしましょう。最近いい曲だなぁと聴いているのがONEUSの「簡単に書かれた歌」。

MAMAMOOの後輩になるONEUSの新曲は、アメリカのビルボードワールドデジタルソングセールスチャートの11位に入り、着実にグローバルグループとしての人気をあげています。最近の音楽番組を見ていると、PRODUCE 101シーズン2の練習生として苦楽を共にした仲間が、揃って出演している姿を見て嬉しくなります。カン・ダニエル、オン・ソンウ、ONEUS、ONEWE、ホン・ウンギ(Rainz出身)、1位を獲ったカン・ダニエルに「おめでとう」と声をかけているホン・ウンギを見て、シーズン2は本当に才能溢れる練習生の集まりだったんだ〜と懐かしく思うのです。プデュ・シリーズは投票操作問題で、今でも新たな事実が暴露されて心を痛めていますが、今回の件で、傷ついたアーティストたちを思うと、もういいのではと思ってしまいます。練習生たちがこれにめげずに、スケールアップして戻って来てくれることこそが、何よりも嬉しいですよね。

この問題によってPRODUCE X 101から生まれたX1は、悲劇のヒーローになってしまいましたが、STARSHIPエンターテイメントから、X1出身のカン・ミンヒとソン・ヒョンジュンを中心に、プデュXでも活躍したジョンモ、ウォンジンそしてセリム、アレン、ウビン、テヨン、ソンミンが参加した9人組Cravity として4月14日にデビューしたのは嬉しいニュースでした。このグループのマンネは16歳のソンミン。かわいいです。リーダーはセリム。ジョンモとウォンジンもスター性あるアーティストなので、K-POP界に旋風を巻き起こしてくれそうです。グループ名は、CreativityとGravity を合わせて、Cravity。ユニークな魅力でファンをグループの宇宙に引き込むという意味があるそうです。

今泉圭姫子
ラジオDJ / 音楽評論家 / プロデューサー

韓国ドラマの主題歌や挿入歌、
K-POPを今すぐチェック!
今すぐ会員登録!


HomeRankingSearchBack