第121回 キム・サブ2~ストーブリーグ~TXT~オン・ソンウ~CRAVITY

- DRAMA -

ついに「浪漫ドクターキム・サブ2」が始まりましたね。

今回もトルダム病院が舞台となっていて、キム・サブがドクターとしての信念と最高の技術をもって、若い人たちを導きます。元病院長だったト・ユンワンも登場して、相変わらずイライラさせられています。新しい登場人物のエリート医師パク・ミングクの行動には、まだ前半なのにカチーン。でもキム・サブが冷静だから、安心してドラマの展開を見る事ができます。

そして前作の主人公たちは今回は出ていません。ユ・ヨンソクのドンジュは軍の公衆衛生士として派遣され、ソ・ヒョンジンのソジョンは海外研修、ヤン・セジョンのインボムは本院に派遣中という設定です。(そういえば、ヤン・セジョンは入隊しましたね)。なんといっても、インボムが、ゲスト出演する回があるので、今から楽しみです。

3人に代わってトルダム病院で、数々の事件を巻き起こすのがアン・ヒョソプ演じるウジンとイ・ソンギョン演じるウンジェです。二人ともかなりクセのある医師です。アン・ヒョソプは、「30だけど17です」では、ハンサムな大学生役でしたが、(チソン、ヘリ、コンミョンが出ていた「タンタラ」にも出てましたね)、今回はかなり影のある、そして突っ張った若き医師の役です。イ・ソンギョンは、どうしても「恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~」のキム・ボクジュ役が頭から離れませんが、キュートな重量挙げ選手ボクジュとは正反対の役を演じています。これからどのようにこの二人の医師がキム・サブの人柄に触れて変わっていくのでしょうか!トルダム病院の仲間は変わらずで、キム・ミンジェ演じるウンタクが、頼もしい看護士に成長していました。

OSTには、Gummy、BAEKYUN、CHANYEOL&Punch、Heize、MAMAMOOなどが参加しています。

そのほかにハマっているドラマは、「ストーブリーグ」。

前回もチラリとお話をしましたが、ナムグン・ミン主演のヒューマン・スポーツ・ドラマです。スポーツ系だとスポーツ選手が主役になりますが、このドラマは韓国の野球界の話で、野球のシーズンオフにトレードや選手と年俸交渉する裏方の人たちの話です。ナムグン・ミン演じるスンスは野球未経験者のGM。過去にスポーツチームを優勝に導いてきた経験があり、雇われGMとして、最下位チームを育て、組織と闘うといったドラマです。スンスが常に冷静で、分析しながらトレードを画策するのですが、冷徹に見えていても、その裏にはチームのために、より良い方向性を見つけ、誘っていることがわかります。韓国球界の事情を少し知ることができておもしろいので、ぜひチェックしてくださいね。

- REPORT -

さてK-POPですが、先週はTOMMOROW X TOGETHER、今週はMONSTA X、パク・ジフンのカムバックがありましたね。

驚くのは、TOMMOROW X TOGETHERの韓国2nd mini Album「The Dream Chapter: ETERNITY」です。これまでのかわいらしいイメージから、ソウルフルな歌声を聴かせる、本格的なR&Bグループへと大きくジャンプアップしたアルバムになっています。前回も紹介したチャン・イジョン君がEL CAPITXN名義で、「Drama」「Fairy of Shampoo」の曲作りに参加しています。

今回は、韓ドラうた完全版でも配信されているオン・ソンウの1st Mini Album「LAYERS」をご紹介しましょう。

Wanna Oneの活動を終えると、俳優、広告のモデルを中心に、仁川広域市教育庁広報大使を務めるなど順調に活動しているオン・ソンウ。ソロとしての活動から1年経ち、ついにリリースしたのが「LAYERS」です。

Wanna One時代は、メインヴォーカルではありませんでしたが、しっかりとグループのヴォーカル力を高める存在でした。そして独特のポッピングダンスも自分の得意のスタイルとしてもっていました。何より、リアリティ番組を通じて彼の温かい人柄が伝えられました。アルバムを発売する前は、ドラマ「十八の瞬間」に主演し、昨年行われた「コリアドラマアワー2019」で最優秀新人賞、韓流スター賞の2冠に輝きました。ちなみに演技大賞は「たったひとりの私の味方」のチェ・スジョン、作品賞は「スカイ・キャッスル」でした。スピーチでは、ちょっと緊張した面持ちのオン・ソンウが初々しかったです。すごいことですよね。

「LAYERS」には、ダンス曲あり、アコースティックあり、バラードあり、とヴァラエティに富んでいながら、オン・ソンウのアーティストとして磨かれたセンスを感じます。今年はミュージカル映画「人生は美しい」の公開が予定されています。

ちょうどカン・ダニエルと発売週がほぼ同時期であったため、音楽番組での顔合わせはワナブルには嬉しいシーンでした。カン・ダニエルは前作が50万枚、そして新作「CYAN」も30万枚に届く大ヒットで、しばらく休養期間があったにせよ、さすがの成績を収めましたね。ZICOとの共演曲「Refresh」も話題になっています。あっ、もうひとつ感動のシーンがありました。「M COUNTDOWN」で、NU’ESTが1位になり、MCのイ・デフィとミンヒョンが抱き合った姿に目頭が熱くなった私は、今もWannableです!

そして最近は、CRAVITY の「JUMPER」のランダムスピードダンスを見ながら、ニマニマしています。

この曲はMONSTA Xのジュホン君の作詞作曲プロデュース曲です。ランダムダンスってスピードが変化するので、疲労度がすごそう。ぜひチェックしてください!


©Starship Entertainment
今泉圭姫子
ラジオDJ / 音楽評論家 / プロデューサー

韓国ドラマの主題歌や挿入歌、
K-POPを今すぐチェック!
今すぐ会員登録!


HomeRankingSearchBack