第132回 MONSTA X~AB6IX~ENHYPEN~WE❤️韓ドラ―OST ヒッツ・コレクション―

- REPORT -

MONSTA Xの新作「Fatal Love」が発売になりました。

グループにとっては、3枚目の韓国スタジオ・フル・アルバムとなります。タイトル曲「Love Killa」は、MONSTA Xのアグレッシヴなサウンドとダンスで、ファンを裏切ることのない楽曲になっています。そして、他の曲も素晴らしいんです。全部タイトル曲にしたいぐらいクォリティが高く、彼らがグローバル・アーティストとして活動してきた成果が表れたアルバムになっています。「Gasoline」は、ラテンのフレーバーを入れたヴォーカル・ソング。「Thriller」のオープニングの早口でのパートを担当するショヌとキヒョンは、リリース・ショウケースで歌の難しさを話していましたね。

今回は、メンバー自身が作詞作曲に関わっている曲が多く収録されています。最近、ソングライターとしての才能を発揮しているジュホンが、エリック・ナムと「Beastmode」を共作。カムバック時に音楽番組で披露していましたが、強烈なサウンドとヒップホップが融合された印象的なナンバーです。ジュホンのお友達の一人、エリック・ナムがこういう曲で参加するという意外性もありました。そして「Nobody Else」は、ヒョンウォンの作詞作曲。DJ H.Oneとしての活動もあり、クラブミュージックこそ、彼の得意とするところですが、流行のサウンドをトラックで表現しながらも、あくまでも歌の世界を展開しているところがMONSTA Xのヒョンウォンの新しい世界観だと実感する1曲です。「Night View」は、I.Mが作詞作曲。この曲は、I.Mがラッパーとしてではなく、美しいメロディー・ラインを押しだし、MONSTA Xの新しいサウンドにチャレンジした楽曲です。彼らの冒険は、「Last Carnival」「Sorry , I’m Not Sorry」にも表れています。これは、今年発売した英語アルバム「All About Luv」の制作の影響によるものでしょう。ポップ路線に媚びることのない作品作りに拍手を送りたいです。


©STARSHIP ENTERTAINMENT

AB6IXは、3枚目のEP「Salute」をリリース。

彼らもソングライティングに積極的に参加した作品を完成させました。タイトル曲の「Salute」は、彼らの挨拶時のシグナルコール。デフィが中心となって作った1曲です。マーチングを入れたMV、パフォーマンスは圧巻です。久しぶりにパワフルなダンス・パフォーマンスで楽しませてくれます。ラストのウジン君のダンスにドキドキですが、怪我には気をつけて欲しいです。そしてこの曲では、デフィ君もラップを担当しています。そしていつもはラップメイキングで曲作りに担当しているウジン君は「Behind You」でポップ・バラードを書きました。メンバーに向けて、ファンに向けてのキュンとするバラードです。ソングライティングには定評があるドンヒョンもジャズ・テイストを入れたポップ・ナンバー「Maybe」を、そしてウンとウジンと最近私が注目しているプロデュース集団Vendorsの共作「Heaven」では、ウン君のせつな系ヴォーカルが光ります。着実にアーティストとしての道を歩き始めたAB6IXをこれからも応援していきます。


©BRANDNEW MUSIC

そういえば、今年のMAMAの授賞式で、Wanna Oneの合同ステージがあるという噂が飛んでいます。
先日はKCON:TACTでの5人のステージでしたが、まさかの11人?でも中華圏で大人気のライ・グァンリンや、NU‘ESTのミンヒョンは?ユン・ジソンは12月中旬除隊予定だし、カン・ダニエルは?などいろいろ考えちゃいますが、そういう話題が出るだけでもWannableは嬉しいです!

そして間もなく、サバイバル番組「I-LAND」から誕生したENHYPENがデビューします。ファースト・ミニ・アルバム「BORDER : DAY ONE」は11月30日発売。きっとあの課題曲のENHYPENヴァージョンとか入ってるのかな〜、など考えながら、楽しみにその日を待っています。Mnetでのリアリティ・ショウ「ENHYPEN&Hi」も始まり、すでにグルーバル・グループとしてもスタート。日本人のNIKIの活躍に期待しましょう。


©CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved.

- INFORMATION -

さて、ここで一つお知らせですが、12月16日にみなさんが大好きな韓国ドラマのOSTコンピレーション「WE❤️韓ドラ―OST ヒッツ・コレクション―」が2枚組36曲収録で発売になります。

その監修に携わらせていただきました。コロナ禍の中、地道に楽曲選曲と許諾のために、レーベル担当者S氏と毎日連絡を取り、ようやく発売となりました。「愛の不時着」からペク・イェリンの「Here I Am Again」、「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」からは「Stay With Me」他2曲、「彼女の私生活」「ボーイフレンド」「ザ・キング:永遠の君主」「知ってるワイフ」「この恋は初めてだから」「ナイン〜9回の時間旅行〜」「魔女の恋愛」「100日の郎君様」「アルハンブラ宮殿の思い出」「賢い医師生活」「また!オ・へヨン〜僕が愛した未来〜」「大丈夫、愛だ」「マイ・ディア・ミスター〜私のおじさん〜」「医心伝心〜脈あり!恋あり?」「応答せよ1994」「ミセン-未生-」と言ったラインナップのOSTが収録されています。今回は、韓国の大手制作会社スタジオドラゴンの作品から選んだOST楽曲です。もちろん、すべての作品のOSTを収録することはできませんでしたが、(あの作品は?あれはどうして入ってないの?と思われるかもしれません)契約問題で、収録が叶わなかった作品は泣く泣く諦めましたが、それでも話題の人気作品からの名曲が収録されたと思っています。ぜひ、みなさん注目してくださいね。


©Sony Music Japan International
今泉圭姫子
ラジオDJ / 音楽評論家 / プロデューサー

韓国ドラマの主題歌や挿入歌、
K-POPを今すぐチェック!
今すぐ会員登録!


HomeRankingSearchBack